雑記

地震対策 心構えと家具固定グッズ紹介4選


家の中の地震対策

家具の転倒防止

地震の際のけがの原因の3-5割は家の中で起こります

家の中でのけがの主な原因は次のようなものです。

  • 重い家具の転倒、落下
  • 割れた食器や窓ガラスの飛散

固定していない家具は容易に倒れてきますし、収納扉も簡単に開いてしまいます。

揺れているときは身動きが取れないので自身の上に倒れてきてしまえば一貫の終わりです。

運よく人の上に倒れなかった場合でも、破損してしまい修理費が多くなってしまうので転倒防止策が重要になります。

我が家が使っている耐震グッズの一つ。取り付けが簡単で耐震効果も高い点がオススメです。耐震グッズが目立ちにくいのも地味にうれしかったりします。

  • 特殊素材ポリウレタンフォームで振動を吸収
  • 繰り返し使える
  • 設置が容易
  • 震度7まで対応

取り付け写真

我が家が使っている耐震グッズの一つ。耐震グッズが目立ちにくい特徴を持っています
好きな長さにカットして使えるので様々な家具に使用できます。
ただ家具の後ろに壁がないと使えないので注意してください。
また構造上ツッパリ棒との併用もできません。
  • 目立たないスッキリとしたデザイン
  • 好きな長さにカットできる
  • 家具の後ろに壁がないと設置不可
  • ツッパリ棒との併用不可

取り付け写真

 

こーぺん
こーぺん
家具の特徴に合わせて耐震グッズの使い分け、併用をしましょう。

ガラス飛散防止

割れ物を高い位置に置かない

高い位置から落下すると確実に割れてしまい、広範囲にガラスが飛散してしまします。

インテリア映えはしますが高い位置に割れ物はおかないor落下防止対策を厳重にしておくことが重要です。

高所に割れ物が設置されている

 

カーテンを閉めてガラス飛散を防止

カーテンやレースカーテンを閉めておくことで窓ガラスが割れても広範囲にガラスが飛散するのを防ぐことができます。また窓ガラスの飛散防止フィルムも効果的です。

 

家具の配置

最後に家具の配置も重要です。以下のポイントを確認しておきましょう。

  • 家具が倒れた際に避難経路がなくならないか
  • 人がよくいるスペースに重たい家具や割れ物が落ちてこないか

家具が倒れてドアをふさいでしまうと避難ができなくなってしまいます。

避難が遅れて火災に巻きまれるケースもあるので注意が必要です。

また人の良くいる場所には重たい家具や割れ物を置かないことが賢明です。

特に寝室や子供部屋などには重たい家具や割れ物を配置しないようにしましょう。

 

おわりに

本記事では家庭でできる地震対策のうち家具の固定と配置について紹介しました。地震対策はなかなか普段はやるきが起きないものですがとても重要です。本記事が皆様の防災対策の参考になれば幸いです。それでは🐧


スポンサーリンク




いつも応援ありがとうございます。大変励みになります。