資産運用

年代別 資産額 格差社会の現実


人生設計をするにあたってどれくらい貯蓄をしたらいいのかを考えるのは難しいですよね。今回は世間一般の人がどのくらい貯蓄をしているかについてまとめてみました。格差社会の現実が垣間見える興味深い結果になっています。現在の自分と比較して現在地を確認する機会になれば幸いです。

年代別貯金額

家計の金融行動に関する世論調査(2020年)をもとに2人以上世帯の資産額をグラフにまとめました。

20代資産額、30代資産額

20代は働き始めたばかりで収入が低いことや結婚式等のライフイベントにお金を消費することもあって資産がまだまだ少ない印象です。5世帯に2世帯は貯金が100万以下と回答しており自転車操業状態のようです。平均値と中央値の差も65万とあまり大きくありません。ここで中央値は数値を小さいものから順番に並べたときに、真ん中にくる数値 のことをいいます。 つまり100人中50番目の人の数値ということです。貯蓄額については平均値だと資産額が大きい人に値が引っ張られるので、平均値で考えるより中央値で考えたほうが、実情に近くなると考えられています。

30代からは先ほどのグラフと比べて資産額に差が出てきます。20代のグラフにはいなかった1000万以上の資産額の世帯が2割弱いる一方200万以下の世帯も3割と同数以上いる結果となっています。平均と中央値の差は305万となり差が大きくなってきていることがわかります。

こーぺん
こーぺん
30手前の私達くらいの年代であれば200万くらいは欲しいところですね
40代資産額、50代資産額

40代は教育費が家計を圧迫する年代です。30代とあまりグラフの形は変わりません。30代のうちにできた序列は覆しがたいということでしょうか。各家庭子供にはできる範囲でお金をかけているという見方もできそうです。平均と中央値の差も330万であまり変わりません

50代は、子供が独立し老後資金準備のラストスパートの時期です。老後2000万問題が騒がれて久しいですが教育費がかからなくなる分、しっかりと資産をと増やしたい時期になります。中央値も大台の1000万となり各世帯が貯蓄を進めている様子がうかがえます。一方で平均と中央値の差は574万と広がっています。

ぷくぺん
ぷくぺん
教育費と貯蓄のバランスをとるのは大変ですね
60代資産額

60代はいよいよ定年を迎える年代です。最も多いのが3000万以上で2割強の世帯が安心して老後を迎えられているようです。一方同数程度資産額が500万以下となっており不安な老後を過ごされています。平均値と中央値の差は何と1000万以上です。かなり格差が広がっている印象を受けます。

ぷくぺん
ぷくぺん
2000万を超えてる世帯は約3世帯に1世帯
こーぺん
こーぺん
なかなか厳しい現実です

 

年代別資産額 平均値、中央値の比較

年代別の平均値と中央値をグラフにしました。年代を追うごとにその差が開いてしまっていることがわかります。20代30代のうちに資産を築くサイクルを生み出さないとその先の年代で逆転することは難しいのかもしれません。20代であれば月1-2万円の投資でも年利5%で40年間運用することで1500万円-3000万円ほどの資産を築くことができます。ちょっとした固定費の見直しや節約を実施し少しずつ資産を形成していくことが重要だと思います。

投資シミュレーション

 

ぷくぺん
ぷくぺん
できるだけコツコツ投資をして複利の効果でゆっくり資産形成をすることが大切ですね

 

最後に

本記事では年代別資産額を紹介しました。皆さんの資産額と比べてみていかがだったでしょうか?こうしてみるとカイジの世界のように金は命より重いとまでは思いませんが1000万2000万という金額の重さを感じますね。一発逆転は私たち夫婦のような常人にはできないので地道に資産を形成していこうと思います。それでは🐧

 


スポンサーリンク




いつも応援ありがとうございます。大変励みになります。