投資

パーキンソンの法則に注意! お金がたまらない恐怖の法則


こんにちは、こーぺんです。

突然ですが、みなさん「パーキンソンの法則」を知っていますか?

社会人生活も数年たって、収入も少しずつ上がってきた、それなのに貯金がなかなかたまらないという人はこの法則に陥っている可能性があります。

今日はお金がたまらない恐怖の法則「パーキンソンの法則」の法則について紹介していきます。

ぷくぺん
ぷくぺん
パーキンソンの法則を克服して貯金体質になりましょう

パーキンソンの法則とは

パーキンソンの法則は1958年、英国の歴史学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則です。

パーキンソンの法則は次の2つからなります。

  • 第1法則
    仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
  • 第2法則
    支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

 

第1法則は簡単にいうと「仕事量に対して時間に余裕があっても、時間をあるだけ使ってしまう」という法則を表しています。

具体的にいうと、夏休みの宿題が夏休みの終わりにならないと終わらない的なアレです。

仕事でも納期が遅めに設定されていると、つい取り掛かるのを後回しにしてしまうことはないでしょうか?

この現象に法則名がついていたなんてびっくりですよね(笑)

さて、今回のメインは次の第2法則です。

こちらは簡単にいうと、

「お金はあるだけ使ってしまう」という法則です。

先ほどの第1法則では時間でしたが、こちらはお金が対象になっています。

お金はあるだけ使ってしまうという法則があるため、収入が増えても、その分支出が増えて貯金が増えないのです。

本当に恐ろしく、人間の性質をよく表している法則だと思います。

こーぺん
こーぺん
わかっていてもついついやってしまうんですよね
ぷくぺん
ぷくぺん
解決方法はないのでしょうか?

 

パーキンソン第2法則の対策

恐ろしい第2法則ですが、対策方法はいくつかあります。

その中でも個人的に有用だと思うのは、積み立て投資(or定期預金)をすることです。

私としては積み立て投資がオススメですが、大事なのは投資や定期預金という形で自動的にお金を使うことで支出の枠を減らすこと」です。

それに、S&P500や全世界株式インデックス投資を長期で運用すれば、勝率はかなり高いです。

例えば、過去のデータを見るとデータを見るとS&P500を15年以上保有すればその勝率はなんと100%です。

S&P500インデックスファンドを長期で保有せよ古典的名著「敗者のゲーム」を記したチャールズ・エリス氏は投資で勝つための最も簡単な方法はS&P500のようなインデックスファンドを長期で購入・保有することだとしています。 今回の記事では長期でS&P500インデックスファンドを購入、保有し続けることでどのようなリスク、リターンが予想されるのかについて過去のデータをもとに検証してみました。結論から申し上げますと15年以上生きる予定なら愚直S&P500に投資をするのが安パイです。...

 

もし仮に成績的には多少のマイナスだとしても、投資をしていないことで無駄遣いを防げたメリットの方が大きいなんてこともあるのではないでしょうか?

 

こーぺん
こーぺん
どうしても使ってしまうなら投資に使ってしまおうという発想です
ぷくぺん
ぷくぺん
簡単に使える範囲のお金を減らすように心がけましょう

 

 

 

 


スポンサーリンク




いつも応援ありがとうございます。大変励みになります。