投資

米国株・情報技術セクターについて 驚異のリターン


こーぺんです。

今回は、米国株の情報技術セクターについて解説します。

情報技術セクターは米国株の中でも特に成長が著しく、高いリターンが期待できるセクターです。米国株投資を始めるにあたり、興味がある人も多いと思います。

本記事では、こんな疑問に答えます。

ぷくぺん
ぷくぺん
情報技術セクターってなに?
ぷくぺん
ぷくぺん
情報技術セクターの特徴やリターンを知りたい!

 

情報技術セクターとは

情報技術セクターの過去のパフォーマンスは素晴らしく、全11セクターの中でもトップクラスです。

米国株の情報技術セクターについて、以下の内容を紹介します。

情報技術セクターについて、基礎知識をまとめました。

  1. 概要
  2. ETF
  3. S&P500とのパフォーマンス比較
  4. 騰落率

 

概要

情報技術は英語では「Information technology」となり、つまりIT系です。

コンピュータや情報処理、半導体などに関連する業種となります。

有名企業を挙げると、アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)などがあります。

情報技術セクターの基本的な特徴は下記です。

  1. キャピタルゲイン銘柄
  2. 景気敏感銘柄で回復期に特に強い
  3. S&P500より高いパフォーマンス
  4. 下落耐性は並み
  5. ETFならVGT
  6. 事業の発展が目覚ましい

配当は基本的に少なく、値上がり益を得るキャピタルゲインの銘柄になります。

これは、より多くの資本を事業の成長のために投資するビジネスモデルであるためです。

IT業界は競争が激しく、迅速な成長が必須な業界のためこうしたビジネスモデルとなっています。

情報技術セクターの成長性

情報技術セクターは過去、他のセクターよりも優れたパフォーマンスを示してきました。

これは、IT技術の目覚ましい進歩によるものです。

例えば、今では当たり前に使用しているスマートフォンですが、20年前には携帯電話すら十分に普及していませんでしたよね。

そして、個人的な見解ですが、情報技術セクターの成長はますます加速すると考えています。

それはAIの存在があるからです。AIの進歩は目覚ましく、身近な例でいうとすでに将棋や囲碁の世界では、AIは人間の力を凌駕しています。

AIの普及は、まだ始まったばかりですが、将来的には指数関数的に技術革新が進み、2045年にはシンギュラリティが起こるとさえ言われています。

シンギュラリティとは「AIが人間の知能を超える転換点」とされ、アメリカの未来学者レイ・カーツワイル氏が2005年に提唱し、広く認知されるようになりました。

AIの成長予測

なぜ、AIの成長速度は、指数関数的に迅速に進むと考えられるのでしょうか?

これには、収穫加速の法則が関係しています。

収穫加速の法則とは「一つの重要な発明が他の発明と結び付き、次の重要な発明の想起までの期間を短縮することで、科学技術は指数関数的に進歩する」という法則です。

実際、半導体やPCの技術革新は指数関数的に進んできました。このことからもAIの成長は、加速的に進むと考えられます。

こーぺん
こーぺん
AIに仕事を奪われてもAIに投資してれば安心かも?

 

ETF:VGT

米国株情報技術セクターのETFはVGTになります。

構成銘柄のTOP10は下記になります。(※2021年3月時点)

構成銘柄 構成比率 %
アップル 19.6
マイクロソフト 15.9
エヌビディア 3.2
ビザ 3.2
マスターカード 3.0
ペイパル 2.8
インテル 2.4
アドビ 2.1
セールスフォース・ドットコム 1.9
ブリードコム 1.8
TOP10合計 55.9

※引用:VGT 銘柄 – バンガード 情報技術ETF 投資信託(ファンド)情報 – Bloomberg Markets

アップルやマイクロソフトをはじめとした有名企業が多く、TOP10で半分以上占めています。

経費率は0.1%と低水準になっています。ETF純資産は2兆規模とかなり大きいです。

こーぺん
こーぺん
アップルとマイクロソフトの2強ですね

 

S&P500よりも高いパフォーマンス

米国株情報技術セクターはS&P500と比較して、かなり高いパフォーマンスを示しています。

期間ごとのリターンは次のようになっています。(配当込み)

※2021年2月を起点 S&P500はVOO想定

引用Vanguard ETF Profile | Vanguard

仮に10年前にVGTに100万円投資した場合、S&P500は351万円になる一方でVGTは610万円になります

値動きについて、見やすいようにチャートを載せておきます。

VGT vs S&P500 1年 ※2021年3月20日時点

 

VGT vs S&P500 5年 ※2021年3月20日時点
VGT vs S&P500 10年 ※2021年3月20日時点
VGT vs S&P500 15年 ※2021年3月20日時点

チャートを眺めると、ほとんどの期間で安定してS&P500のパフォーマンスを超えていることがわかります。

 

こーぺん
こーぺん
15年保有リターンの差は2倍以上とかなり大きい差です
こーぺん
こーぺん
我が家のPFでは情報技術セクターの比率を高めています

下落耐性は並み

素晴らしいパフォーマンスを誇る情報技術セクターですが、下落耐性は並みです。

表は近年の主な金融ショック時の騰落率を示したものです。

S&P500といずれも同等の騰落率を示していることがわかります。

ぷくぺん
ぷくぺん
逆にいうと高いリターンのわりに騰落率は悪くないですね

 

回復局面に強い

情報技術セクターは景気敏感銘柄で回復期に強い銘柄です。コロナショック以降の回復期でも目覚ましい成長を見せました。(今回は巣ごもり需要がより追い風になっています。)

景気サイクルと各セクターの関係についてグラフにしてみました。

景気サイクルと各セクターの関係

市場は常にこのサイクル通りに動くわけではありませんが、頭に入れておくと大局が見れます。

ポートフォリオのセクター比率を調整して、パフォーマンスを上げるアイデアにつながるかもしれません。

こーぺん
こーぺん
景気サイクルを意識しましょう

 

さいごに

今回の記事では、情報技術セクターについて解説しました。情報技術セクターはトップクラスのパフォーマンスを誇るイケイケなセクターです。個人的には長期的に見て、この傾向は続くと考えています。セクター別投資でご自身のポートフォリオを調整するアイデアになれば幸いです。それでは🐧

 

S&P500についてはコチラで解説しています。

S&P500とは 米国株インデックス投資の定番「投資の最適解はS&P500のインデックス投資」だとよく言われています。 本記事ではS&P500投資のメリットについて解説します。...

 


スポンサーリンク




いつも応援ありがとうございます。大変励みになります。