投資

米国株のヘルスケアセクター 下落に強く高リターン


こーぺんです。

今回は、米国株のヘルスケアセクターについて解説します。

ヘルスケアセクターは米国株の中でも特に安定して、高いリターンが期待できるセクターです。S&P500に含まれる比率も全体の2番目です。

米国株投資を始めるにあたり、興味がある人も多いと思います。

本記事では、こんな疑問に答えます。

ぷくぺん
ぷくぺん
ヘルスケアセクターってなに?
ぷくぺん
ぷくぺん
ヘルスケアセクターの特徴やリターンを知りたい!

 

ヘルスケアセクターとは

ヘルスケアの過去のパフォーマンスは安定していて、全11セクターの中でもトップクラスです。

米国株のヘルスケアセクターについて、以下の内容を紹介します。

ヘルスケアセクターについて、基礎知識をまとめました。

  1. 概要
  2. ETF
  3. S&P500とのパフォーマンス比較
  4. 騰落率

 

概要

ヘルスケアは英語では「Healthcare」となります。つまり医療系です。

医療機器、医薬品などで人々の健康を支える業種となります。

有名企業を挙げると、ジョンソンアンドジョンソン、ファイザーなどがあります。

ヘルスケアセクターの基本的な特徴は下記です。

  1. 配当は普通
  2. 不景気に強いデフェンシブ銘柄
  3. S&P500より高いパフォーマンス
  4. 下落耐性は強い
  5. ETFならVHT

配当は並みレベルで、キャピタルゲインとインカムゲインを両立する銘柄になります。

 

ヘルスセクターの安定した成長

ヘルスケアセクターは過去、他のセクターよりも安定して優れたパフォーマンスを示してきました。

これは、ヘルスケア技術の高い成長と不景気でも安定した需要によるものです。

医療技術は急速な発展を続け、世界の平均寿命は右肩上がりに上昇を続けています。

また、医療は人間にとって不可欠なものであることから、不景気時にも影響を受けにくい特徴があります。

そして、個人的な見解ですが、ヘルスケアセクターの成長はますます加速すると考えています。

それは、これからの医療技術発展の裏には、AIをはじめとしたデジタル技術の存在があるからです。

情報技術セクターでの記事で解説したようにAIの技術の発展は目覚ましく、それはヘルスケアの世界にも大きな影響を与えます。

AI以外にも、Iotやビックデータ解析などが融合し、デジタルヘルスケアは急速に発展すると考えられています。

 

米国株・情報技術セクターについて 驚異のリターン今回は、米国株の情報技術セクターについて解説します。 情報技術セクターは米国株の中でも特に成長が著しく、高いリターンが期待できるセクターです。米国株投資を始めるにあたり、興味がある人も多いと思います。 本記事では、こんな疑問に答えます。 情報技術セクターになに? 情報技術セクターの特徴やリターンを知りたい!...

ETF:VHT

米国株情報技術セクターのETFはVHTになります。

構成銘柄のTOP10は下記になります。(※2021年3月時点)

構成銘柄 構成比率 %

ジョンソンエンドジョンソン

7.85

ユナイテッドヘルス・グループ

5.93
アボットラボラトリーズ 3.93
アッヴィ 3.58

ファイザー

3.5
メルク 3.46
サーモフィッシャーサイエンティフィック 3.36

イーライリリー

3.32
メドトロニック 2.96
ダナハ― 2.64
TOP10合計 40.5

※引用:VHT 銘柄 – バンガード・ヘルスケアETF 投資信託(ファンド)情報 – Bloomberg Markets

1位はジョンソンエンドジョンソンです。コロナワクチン開発に成功したファイザーなども上位につけています。

経費率は0.1%と低水準になっています。

こーぺん
こーぺん
日本人になじみのある企業は多くないかもしれませんね

 

S&P500よりも高いパフォーマンス

ヘルスケアセクターはS&P500と比較して、かなり高いパフォーマンスを示しています。

期間ごとのリターンは次のようになっています。(配当込みS&P500はVOOを想定)

※引用VHT – Vanguard Health Care ETF | Vanguard

仮に10年前にVHTに100万円投資した場合、S&P500は351万円になる一方でVHTは442万円になります

値動きについて、見やすいようにチャートを載せておきます。

VHT vs S&P500 1年 ※2021年3月20日時点

 

VHT vs S&P500 5年 ※2021年3月20日時点
VHT vs S&P500 10年 ※2021年3月20日時点
VHT vs S&P500 15年 ※2021年3月20日時点

チャートを眺めると、ほとんどの期間で安定してS&P500と同等かそれ以上のパフォーマンスを示していることがわかります。

 

こーぺん
こーぺん
優秀なS&P500の成績を牽引するセクターの1つです

 

下落耐性は強い

ヘルスケアセクターの強みは、下落耐性の強さです。

表は近年の主な金融ショック時の騰落率を示したものです。

リーマンショックとコロナショック時には、S&P500よりも強い下落耐性を示しています。

ポートフォリオに組み入れやすいセクターといえそうです。

ぷくぺん
ぷくぺん
医療はいつの時代も不可欠な存在ということですね

 

景気後退局面に強い

ヘルスケアセクターはデフェンシブ銘柄で景気後退局面に強い銘柄です。

景気サイクルと各セクターの関係についてグラフにしてみました。

景気サイクルと各セクターの関係

市場は常にこのサイクル通りに動くわけではありませんが、頭に入れておくと大局が見れます。

ポートフォリオのセクター比率を調整して、パフォーマンスを上げるアイデアにつながるかもしれません。

こーぺん
こーぺん
景気サイクルを意識しましょう

 

さいごに

今回の記事では、ヘルスケアセクターについて解説しました。ヘルスケアセクターは安定したパフォーマンスを誇る堅実なセクターです。野球で例えると守備の旨いアベレージヒッタータイプです。個人的には長期的に見て、この傾向は続くと考えています。セクター別投資でご自身のポートフォリオを調整するアイデアになれば幸いです。それでは🐧

 

S&P500についてはコチラで解説しています。

S&P500とは 米国株インデックス投資の定番「投資の最適解はS&P500のインデックス投資」だとよく言われています。 本記事ではS&P500投資のメリットについて解説します。...

 


スポンサーリンク




いつも応援ありがとうございます。大変励みになります。