投資

ビットコイン投資は危険? ビル・ゲイツ氏は否定的


こんにちは、投資ブロガーのこーぺんです。

ここ1年で、ビットコイン価格はおよそ5倍に高騰しました。企業もビットコイン投資に積極的になりつつあり、その存在感が増しています。

例えば、電気自動車メーカーのテスラは、15億ドル(約1590億円)をビットコインに投資したほか、決済方法としてビットコインを認める考えを表明しています。

ビットコインはボラティリティが大きいこと、税法上の理由などで嫌煙する投資家も少なくありません。私はビットコイン投資に関しては、どちらかというと肯定よりの立場です

Bloombergの記事でビットコインの是非に関して議論されていたので、そちらのまとめと私の考えを記します。

 

失ってもいいお金で投資すべき

上記記事では,世界3位の富豪ビル・ゲイツ氏のビットコインに対する発言が書かれています。ビルゲイツ氏は

「イーロン・マスク氏はたくさんのお金を持っていて、知識もある。だからマスク氏の保有するビットコインが気まぐれに上がったり下がったりしても私は心配しない」

「しかし失ってもよいお金をそれほど持っていない人も、こうした熱狂に引き込まれると思う。マスク氏ほどのお金を持ってない人は、気を付けた方がいいというのが私の一般的な考えだ」と述べています。

まとめるとビル・ゲイツ氏の主張は下記です。

  1. 失ってもよいお金を持たない一般人は、ビットコインを買うべきものではない
  2. イーロン・マスク氏のような知識もお金もある人が投資するのは心配ない

これを受けた私の解釈は

一般人でも失ってもいい範囲でビットコイン投資をすればよい

です。ビル・ゲイツ氏も、ビットコインの価値が上がる可能性について完全に否定しているわけではありません。ただ「ビットコインの投資は元本がすべて消える可能性がある」と懸念しているものと思います。

私もビットコインは市場規模が小さく、今回のように値が上がりやすい反面、資産価値が0になる可能性もそれなりにあると思います。

実際、 テスラの投資を受けてビットコインは今月一時76%上昇しましたが、マスク氏が「高いように見える」とツイートすると今度は13%も急落しました。

ですのでポートフォリオの1-3%程度に収めて、失ってもいい範囲で投資をすることをオススメします。これは有名な投資家のレイダリオ氏やバフェット太郎さんも提唱している投資方法です。

ポートフォリオの数%に収めることで、資産価値が仮に0になったとしてもダメージは最小限になります。またビットコインを持たざるリスクを回避することができます。

ビットコインはデジタルゴールドとも呼ばれ、株式市場との相関性も低いのでヘッジとしても有用です。

 

こーぺん
こーぺん
暇なインデックス投資のスパイスにはちょうどいい感じです

 



さいごに

今回の記事ではビットコイン投資の是非について紹介しました。ビットコイン投資を全肯定するつもりはありません。しかし、否定派の方も持たざるリスクを考え、決定する必要があると思います。私はポートフォリオの3%をビットコイン投資することで、ポートフォリオの全体の利回りが飛躍的に向上していることから肯定派よりですが、もっと投資しとけばよかったとも思っていません。皆様の投資方針の参考になれば幸いです。それでは🐧

 

 

 


スポンサーリンク




いつも応援ありがとうございます。大変励みになります。