資産公開

資産公開2021年3月


ぺんぺんぶろぐでは夫婦の毎月の資産を公開していきます。

 

資産公開の目的は下記です。

  • 同年代夫婦に資産運用の参考にしてほしい
  • 初心者投資家にリアルな数値を見て参考にしてほしい
  • 自分たちのための記録用

私たちは資産運用を始めたばかりです。金額もそこまで大きくはありません。

でもだからこそ似たような資産額の人は少なくないと思います。

私たちの家計や投資の成績を公開することで、微力ながら皆さんのお力になれたら幸いです。

 

毎月更新企画、今回は第7回、資産総額は627万(前月度+20万)でした。

先月に引き続き資産を増やすことができました。

株式投資を始めて半年を過ぎました。損益通算は86とついに100万円の大台が見えてきました。ビットコインは前月に引き続き高騰、株式市場も堅調に動いています。相変わらず好調過ぎて反動が怖いくらいではあるのですが、愚直に積み立てを続けていこうと思います。

理論的には一括投資が最適解かつ、金融引き締めにはまだ時間がかかると予想しています。ですので最近は、なるべく早めに生活防衛資金以外を投資に回せるように少し積み立てペースを加速させています。

こーぺん
こーぺん
実力を過信しないように心がけて投資をつづけます

 

ポートフォリオ (2021年3月) 投資7か月目

我が家の3月のポートフォリオはコチラ

投資を始めて7か月がたちました。意外とたってない感覚です。

 

2月時と比べると株式が5.8%、仮想通貨が2.2%保有率がUPしました。

順調に少しずつ現金比率を下げています。

仮想通貨は以前高騰を続けていますね。短期的な調整は何度かありましたが、一月ごとに振り返ってみると5か月間上昇を続けています。仮想通貨への投資はボラティリティが大きいなどデメリットもあることから賛否が分かれるところだと思います。個人的には失ってもいい範囲の資産を投資するのはありだと考えています。その理由は下記です。

  • 資産形成の軸としている米国株との相関性が低いことから分散投資の効果がある
  • 3%程度に抑えることで元本割れした際のダメージを減らすことができる
  • 2020年5月に半減期を迎え、上昇することが期待できる
  • PayPal参入により、上昇することが期待できる
  • テスラ参入により、さらに上昇することが期待できる
  • マスターカード参入、さらに上昇することが期待できる←New
  • 着実に通貨としての価値がでてきている

があります。実際当ブログでは2020年7月に15万を投資して1月15日現76万と5倍まで成長し、大きく含み益を出しています。

米国株を軸として投資する中で相関性が低い投資先は思ったよりもないので分散投資の意味で仮想通貨は有用です。

ボラティリティが多いというデメリットに対しては投資比率を3%以下に抑えることでリスクを下げることができます。これは有名な投資家レイダリオ氏やバフェット太郎さんも提唱している投資アイデアで仮に資産の3%をすべて失っても残りの97%を年利3%で運用すれば損失を0にできるというものです。持たざるリスクを回避する上でも1%でも仮想通貨を所有しておく意義はあると思います。

またビットコインの高騰に伴い、ポートフォリオのビットコインの割合が、3%→12.2%に成長し、3%を超えてしまいましたが、今のところ利確してリバランスをする予定はありません。上記の理由から、今後も長期的に見て成長することを見込んでいますし、余剰資金での運用ですから仮に0になったとしても運用当初の3%を失っただけと思えばダメージは少ないと考えているためです。

テスラの参入により価格が高騰しましたが、今後参入企業が増えることがあればさらなる高騰も期待できそうです。

スクエアやペイパルを始めとした多くの企業で、ビットコインを使った決済を取り入れる動きが活発化し、ビットコインに通貨としての価値が出てきました。ハイパーインフレに苦しむ新興国では、国民は自国の通貨をビットコインに変えることで、資産を守ろうとしています。フィンテック企業が相次いで参入するのは、こうした動きを受けて市場を抑えるためのものなのです。この傾向は一時的なものではなく、継続的に続くと考えられることから長期的に見て、ビットコインは高騰する公算が高いと言えます。

 

※ぺんぺんぶろぐでは2020年7月から投資を始めて徐々に株式、ETF、投信、債券に資産を移動しています。

最終的には下記のようなポートフォリオの作成を目指しています。

2年間くらいでこのバランスに持っていきたいところですが、仮想通貨はしばらく売るつもりはないので難しいかもしれません。現金比率は10%かつ、100万円以上はキープしたいと考えています。

 

1度にすべての資産を投資していないのは、リスク分散のためです

※理論的には一括投資で間違いはありませんが、精神的な安定をもとめて2年程度かけて投資をしています。

我が家の投資戦略

  • ドルコスト平均法を基本戦略としてコツコツ分散投資
  • 8割長期投資(基本売らない)、2割中期投資(趣味もかねて)で資産形成

 

 

損益 (2021年3月) +86万円 (トータルリターン 54.5%)

2021年3月の投資成績はこのようになりました。

投資成績 2021年3月
損益推移
S&P500とのトータルリターン比較 2020年8月-現在

 

投資7か月目もプラス成長!

ビットコイン高騰の恩恵を受けていますね。ビットコインを数%ポートフォリオに組み入れることで、トータルリターンを大きく向上させることができていることがわかります。リターン半年で50%を超えていてS&Pのリターンを大きく上回っています。S&Pも10%以上成長なので十分なんですけどね。テンバカー投資もビットコイン同様の少額投資をお勧めします。

1年で5-10%程度成長することを目標としているので現状の+55%は正直できすぎ以外のなにものでもないのですが、先ほど述べたようにビットコインが仮に0になったしてもダメージは少ないので大きなリスクを負っているとは感じていません。

2月は金利上昇に伴い市場がざわつきました。バブルがささやかれる状況にもなっています。短期的な調整がいつ来るのかは天才じゃないと読めません。凡人の私は毎月決めた額を投資しつつ、暴落時にある程度の額を一括投資できるように準備をしておこう思います。

こーぺん
こーぺん
投資は自己責任
ぷくぺん
ぷくぺん
自分のリスク許容範囲で運用しましょう

 

おわりに

資産公開第7回の記事はいかがでしたでしょうか?しばらくビットコイン万歳系の記事しか書いていませんね。(笑)ビットコインをほめてると途端に胡散臭さがでる気がするのが少し気になるのですが、、、

さて今月27日にはハンドメイドのお店がオープンします。来月からはブログとハンドメイドの収入も公開していこうと思います。これからもよろしくお願いします。それでは🐧

 

 

 


スポンサーリンク




いつも応援ありがとうございます。大変励みになります。